相続,事業承継,事業継承,税理士,日本会計グループ,相続サポート,事業承継サポート,事業継承サポート
Q&A よくあるご質問 011-644-8988

平日 9:00〜17:00

home
税務調査対策

相続後のサポート・サービス内容

税務調査立ち合いサービスは、あなたの相続税の申告に、相続税理士が立ち会うサービスです。あなたが提出した申告書のチェックや各財産の状況の確認などをして、税務調査への対応策を考えます。
税務調査でポイントとなるのは、多くの場合、名義預金です。その対応策を中心にしつつ、それ以外にも漏れが無いかをチェックし、当日に備えます。

相続税税務調査対策

相続税の申告の後、税務調査等があった場合の対応についても、当グループでは万全の体制で対応します。 相続税の調査は、調査に来る場合は税務署のほうでもある程度の裏付けを取ってきます。よって、申告時の十分な検証と対応、そして十分な事前準備が必要となります。

相続税税務調査の内容

相続税の申告の後、税務調査等があった場合の対応についても、当グループでは万全の体制で対応します。 相続税の調査は、調査に来る場合は税務署のほうでもある程度の裏付けを取ってきます。よって、申告時の十分な検証と対応、そして十分な事前準備が必要となります。

税務調査に来る時期(遺産相続税)

申告期限後、1年から1年半後の間

用意すべき資料

相続税申告した財産・債務の元となるべき基礎資料
例)当時の預金通帳・有価証券・香典帳・借入金の契約書他

税務調査当日の内容等(遺産相続税)

1)標準で、2名の調査官が1日5時間ほどで2日間に渡り調査
2)昼食は出前等をご用意した方が良いでしょう
なお、その昼食代金を調査官が払おうとしますが、2回ほど断り、 3回目払おうとしたら素直に受け取った方がよいでしょう
3)感情的にならず、質問されたこと以外は話さないようにして下さい。(ぼろを出さないように)

税務調査に来る理由(遺産相続税)

1)基本的に税務調査に来る場合は、税務署は申告洩れ分を把握して来ます。
2)申告洩れ分を把握していなくても、被相続人の生前の収入・所得状況に比べ申告財産額が少ない場合、現物(隠し財産)の手がかり及び理由を把握しに来ます。

税務調査官が見るポイント(遺産相続税)

調査官の人は何気ない話の中から鋭く観察しています。
話の一言一言にも注意しましょう。

相続Q&A

相続税調査は、どのくらいの確率であるの?

俗に、相続財産が3億円以上あると調査に来る確率が高いなどと言われているようですが、明確な基準があるわけではありません。相続税の高額納税者が多い税務署では、 相続税の案件は年によって件数や相続財産の規模が大きく変動しますので、一概に調査に入る基準を明確につかむことは難しいのです。

調査する側では、港、渋谷、目黒、世田谷、杉並区など高額納税者の多い税務署に手厚い人員配置をしており、これらの税務署での調査の確率は高くなる可能性があります。優秀な調査官を配置し、大口資産家の管理もしっかりとしているようです。

最近の相続税調査の傾向

税務当局では、富裕層、多額の海外資産がもれていそうな案件、相続税の申告をしていない案件、いわいる無申告者の案件にも重点を置いています。
富裕層への税務調査強化は、階層間での税金の不公平感を緩和するためにも必須と考えております。 海外資産は、税務当局にとっても把握が難しく、海外に資産を移動すれば、調査でも把握が困難になります。 これを野放しにすると課税の公平性が保てなくなり、税務当局の沽券に関わる大問題となります。
無申告は、これを放置することは、申告納税制度の根幹を揺るがす行為であり、相続税をチャンと申告納税した方が馬鹿を見ることになり、課税の公平性を保持するためにも当局は躍起となって対象者の補足に努めているのです。

調査官が持っている情報ってどんなものがあるの?

国税当局は、一般の方が想像している以上に、圧倒的なボリュームの情報を持っています。例えば、皆さんもよくご存知の利子、配当、報酬、給与、国外送金などの法定調書、公的機関で行っている情報収集、マルサでの情報、税務調査での情報、内部告発(たれ込み)など様々な情報です。
この膨大な情報を専用システムで管理し、人が死亡すればその人が生きている間に行われた金融機関との取引データなどすべてがアウトプットされ、相続税の調査で活用されます。